INTRODUCTION企業紹介

COMPANY PROFILE

ほろしん温泉ほたる館

ほろしん温泉ほたる館

沼田町の自然の中で見つけた、 温泉も人もあたたかい場所。

大好きな自然を感じられる場所で、新しく始めた仕事。

料飲サービス部門 矢部昌弘さん

沼田町の中心部から車で15分ほど走ったところに、ほろしん温泉ほたる館という温泉施設があります。
そこの料飲サービス部門で働く、入社1年目の矢部昌弘さんにお話しを聞いてみます。
埼玉県出身の矢部さんは、幼い頃からお父様の影響で渓流釣りなど自然の中でのアクティビティを楽しんでいたことから、自然が身近にある環境への憧れがあったそう。
その後、アイヌ文化にも興味を持ち、いつか大自然のある北海道で暮らしたいという思いを抱き続け、8年前に道東の弟子屈町へ移住。
そこで出会った奥様の出身地である沼田町に3年前に移り住み、穀物乾燥プラントの修理の仕事を経験した後、ほろしん温泉に転職しました。
「前職は出張が多く、大きい工事がある際には数ヶ月にわたり家を空けることがありました。2人の子どもがいるので家族と過ごす時間を大切にしたいと思い、沼田町内で出張のない仕事を探してこの職場を見つけました」
矢部さんは今まで道の駅のスタッフやネイチャーガイド、農業など様々な仕事を経験してきましたが、レストランなど飲食サービス関係の仕事は初めてとのこと。
「レストランではオーダーを受けて食事の配膳をしたり、ホテルでは宴会のセッティング、他には町内のクリニックへのお弁当の配送まで、仕事内容は幅広いです。宴会から法事まで様々なお客さんがいるので、毎回仕事の中で気づきがあり、面白さを感じています」
職場には20代から50代の先輩がいて、わからないことはすぐに教えてもらえ、失敗してしまってもフォローを入れてくれるそう。
「楽しくて気さくな先輩が多いんです。接客担当の先輩たちだけでなく厨房の人もフォローしてくれることもあり、とても助かっていますし心強いです。私自身も未経験からのスタートでしたので、経験がなくても大丈夫ですよ」

  • 自然いっぱいの中で働けること、そしてお客様との会話がとても楽しいです!
  • 先輩と笑顔の2ショット。

「家族の時間と趣味の時間」どちらも大切にしたい

頼れる先輩たちのもとで新しい仕事にチャレンジした矢部さん。
次はほろしん温泉で働く魅力について聞いてみました。
「何と言っても自然に囲まれた環境が最大の魅力だと思います。
ここ、沼田町の幌新地区は雪が多く自然豊かな場所で、この辺りには鹿や鳥、リスなどの動物がいます。夏の夜にはほたるが見えて、秋の青空には紅葉が美しく映えるんですよ」
矢部さんの働くレストランは外を一望できる窓があり、自然の光がたっぷりと入ってきます。
そんな自然が大好きな矢部さんは、趣味も大切にして生活しているそう。
「北海道に来る前は革の専門店で働いていたこともあり、趣味で革細工を行なっています。最近では、知人から依頼を受けて革の蝶ネクタイや小銭入れなど製作しました。以前は忙しくてなかなか趣味の時間をとれなかったのですが、今は少しずつ作品を作ることができています」
大好きな自然が近くにある環境で働きつつ、家族と過ごす時間と趣味の時間を楽しんでいる矢部さん。
仕事や暮らし、趣味に関して語るときの充実感のある表情が印象的です。
そんな矢部さんに今後の目標について尋ねると、「地域に根付いた温泉なので、来てくださるお客さんに『また来るよ』と言ってもらえるように、素敵なサービスを提供したいと思います」と語ってくれました。
家族と過ごす時間や趣味の時間など、大切にしたい時間を作れるほろしん温泉の働き方は、矢部さんの人生をより豊かにしているようです。

  • レストランのすぐそこは池や庭。更に山もすぐそこなので動物たちが現れることも?!

子育てとお仕事が両立できる、あたたかい職場。

受付業務 森井美穂さん

ほろしん温泉の日帰り温泉の受付業務を担う、入社4年目の森井美穂さんにもお話を聞きました。苫小牧市出身の森井さんは結婚を機に深川市へ移り、元々接客業をしてきた経験を活かし、現在パートタイマーとして午前中から夕方まで働いています。
「11歳と8歳の子どもがいるのですが、子どもがいても働きやすい環境なんです。子どもが熱を出した時も快く休ませてくれたり、出勤している時でもすぐに帰らせてくれます。子育てに理解のある方ばかりで協力的な雰囲気なのが本当にありがたいですね」と森井さん。
職場には子育てを経験した先輩方が多く、気兼ねなく相談できる環境があるとのこと。
日帰り温泉の受付の他にも、ホテルのフロントで宿泊のチェックインなどの仕事をすることもある森井さんに、仕事の中で感じるやりがいについて聞いてみました。
「働いている人もそうですが、お客様もあたたかい人が多いんです。
沼田町や空知管内から来られる方が多く、お客様との会話がとても楽しいですよ。
会話の中でこちらが元気をもらうこともあって、『このお仕事をやっててよかったな』と思えます」
あたたかなスタッフやお客さんに囲まれて働いている森井さんからは、やわらかな雰囲気を感じられました。「フロントでの業務は、お話が好きだとか、人と接するのが好きな人だと、より楽しめると思います。」
そう朗らかな笑顔で話す森井さんに会いたくて、ほろしん温泉に来られるお客さんがたくさんいらっしゃるにちがいありません。

  • 働いていてすごく楽しいんです!
  • お客様と話すことが楽しい!

地域おこし協力隊で来た沼田町で、自分の時間を得ながら働く。

料飲サービス部門 髙木竜介さん

続きまして、矢部さんと同じ料飲サービス部門で働く髙木竜介さんにお話を聞いてみました。
福岡県出身の髙木さんは、地域おこし協力隊として5年ほど前に沼田町に来ました。
沼田町観光協会に配属され、各地での出店や地域イベントに参加したりと2年9ヶ月、協力隊の任期を全うし、ほろしん温泉で働くようになり現在3年目です。
そんな髙木さんに、料飲サービス部門での仕事の魅力を聞いてみました。
「やっぱりお客様との関わりで、笑顔が見られたときは嬉しいですね。あとは、宴会の時など状況に応じてテーブルやカトラリーのセッティングをするのですが、その時にどうやって配置するのがベストかを考えるときに、パズルをやっているような楽しさを感じます」
地域おこし協力隊として沼田町に来る前は、金沢でトラック塗装の仕事をしていたそうですが、朝の9時出勤で夜中の2時に帰ることもあったとか。
「料飲サービスの仕事は月に3回ほど朝6時からの出勤がありますが、基本的に朝は11時からの出勤なんです。私は朝早く起きて活動するのが好きなので、朝の時間を有効に使って、趣味に当てています」
早起きの髙木さんは出勤の6時間前に起床して、趣味のyoutubeチャンネルでのゲーム配信などを行なっているそうです。
「福岡県で生まれ育ったので、最初に沼田町に来た時は雪の量を見て『えらいとこに来たな』と思いましたが、今は慣れてしまって逆に帰りたくはないですね」と笑いながら話す髙木さん。
「まだ3年目なので勤めてから長い方ではないんですよ」と話しながらも、業務の手順を計画してチームをリードしていく頼もしい姿がここにありました。

  • せっかく雪がある北海道にきているので、スノボやりたいなぁ
  • 一体感のある料飲サービス部門です!

沼田町の歴史ある温泉は、時代を超えて楽しんでもらえる場所へ。

支配人 高橋順一さん

最後に支配人を務める高橋順一さんから、ほろしん温泉についてと、人事担当者としてのお話を聞きました。
「ほろしん温泉ほたる館はこの辺りでは歴史ある温泉で、こんな言い伝えがあります。大正11年に当時の永徳寺の住職が、故郷の富山県から江戸初期建立の十一面観音像を譲り受けて以降毎年、観音講(観音経という法華経のなかの一章を講じる法会)を催していました。昭和3年8月17日、住人が幌新部落の観音講にいく途中で清水がこんこんと湧いているのを見つけました。人々は『観音講の日に清水が見つかったということは、観音様の霊水にちがいない』と思い、病にかかるとこの水を飲むようになりました。これが現在のほろしん温泉の源泉だといわれています。その後、昭和38年には有志で(株)幌新温泉を設立。平成5年には『ほろしん温泉ほたる館』が新築され、源氏の宿と平家の宿の2つの建物がある大きな温泉施設になりました。私もその時から働き始めて、現在は26年目です。最初に配属されたのはレストランで、その後客室やフロント業務も経験しました。3年前から支配人を務めていますが、現場での経験があって今があると思っています」
ほろしん温泉は、以前は沼田町開発公社が運営する第三セクターでしたが、7年前からシダックス大新東ヒューマンサービス株式会社が指定管理者をしています。
「当館は毎月イベントを開催しているのが特徴です。7月に開催される『ほたる祭り』と、10月の『紅葉祭り』は特に大きなイベントで、沼田町内外からたくさんの方が来られます。また、満足度アップ会議という話し合いの場を定期的に開いて、お客様が楽しんでもらえる企画を考えています。新しいことやおもしろいことを企画したいと思っている人とアイディアを出しながら一緒に働きたいですね。自分が企画に携わったイベントが成功に終わるととっても充実感がありますし、やりがいもあります。まずはどの部門でも仕事に慣れることが最初のスタートにはなりますが、この施設を盛り上げるために出たアイデアは積極的に取り上げていきたいと思っていますし、それが働く上でのやりがいになるといいなと思っています。また、当館の最大の魅力は泉質の良さです。単純硫黄冷鉱泉という温泉で、体が温まると冷めにくいのが特徴なんです。『保温の湯』と言われていて冷え性の方にも人気です。ぜひどんなところか、雰囲気を感じにまずは温泉に入りにきてください」

  • 料飲に客室にレストラン、そして事務所と全ての部門を経験したので、現場で働くスタッフの気持ちもわかっているつもりです。現場での意見を大 事にしていきたいと考えています。

PHOTO GRAFFITI

この企業の求人情報

企業情報

ほろしん温泉ほたる館

住所
〒078-2225 北海道雨竜郡沼田町字幌新377番地
電話
0164-35-1188
事業内容
温浴施設管理運営業務
URL
http://www.horosin-onsen.com/plan.html
代表者
支配人:高橋順一
創業
昭和56年9月5日
従業員数
35名
関連会社
シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社

ほろしん温泉ほたる館