INTRODUCTION企業紹介

COMPANY PROFILE

有限会社 松尾住設

有限会社 松尾住設

Uターンで戻ってきた沼田
町おこしが映画になった!

「知識と技術を沼田町のために」仕事も町おこしも全力で!

取締役専務 松尾敦史さん

沼田町で唯一の住宅設備会社として、町の方が頼りにする有限会社 松
尾住設。そこで取締役専務を務める松尾敦史さんにお話を聞きました。
松尾さんは沼田町出身で、松尾住設を設立したお父様に連れられて小
学生の頃から現場でお手伝いをしていたそう。
そこで自然と建設業に興味を持ち、専門的に学ぶために旭川の高校に
通い、さらに知識を深めるため札幌の大学に進学。
その後は札幌の建設会社に就職し、28歳の時にUターンで松尾住設に
就職しました。
「30歳になる前には沼田町に戻ってこようと漠然と考えていました。こ
の町の祭りやイベント、そして町自体を終わらせたくない!みたいな使
命感が何となくありましたね。札幌から帰ってくると町の中にネオンも
なくて、人も少なく寂しく感じたのですが、それも束の間、すぐに町の集
まりやイベントに駆り出されて…(笑)忙しく賑やかな毎日が始まりまし
た」と松尾さん。
帰ってきてから沼田町のまちづくり団体「ゆきものがかり」に所属し、地
域のイベントの企画運営に参加。さらに商工会の青年部代表も務めて
いたそう。
「趣味はないんですが、昔から生徒会をやったり、こういう役回りが多い
んですよね。沼田町といえば夜高あんどん祭りで有名ですが、その他に
も楽しいイベントや企画があります。例えば、町にたくさんある雪を使っ
て夏にスノーボード大会を開催したり、桜の木を雪で低温保存して、夏
のオリンピックの会場で咲かせるチャレンジなんかも進行中です。それ
から2012年には沼田町の地域おこし団体がテーマになった【ユキモノ
ガタリ】という映画にみんなで出演しましたよ。沖縄国際映画祭でも上
映されたので、その時は沼田町の雪を持って沖縄に行きました」と、雪の
町沼田町ならではの、何とも豪快なエピソードを話してくれました。

  • どの机もきれいに片づいた明るい事務所
  • 倉庫にはあらゆるサイズの管が

未経験でも大丈夫!現場の積み重ねが自信に繋がる

松尾住設はお父様の松尾孝次代表取締が設立し、創業25年目になり
ます。
主に上下水道の設備工事を行なっており、新築住宅の上下水道の設置
にリフォームやメンテナンス、さらにトイレの詰まりなど水回りに関する
あらゆる依頼に対応しています。
他にも土木工事や冬場は屋根の雪下ろしやストーブの修理など業務は
多岐に渡ります。
社員は5人で繁忙期の夏場には農家の人が手伝いに来ているとか。
「ここでは未経験から始める人も多くて、中にはレンタルビデオ店の店
長から転職した人もいます。彼は手先が器用でプラモデルの日本大会
に出場したり、講師を務めたりしていますよ。夏の忙しい時以外は基本
的には土日休みなので、みなさん趣味を楽しみながら働いていますね」
知識や経験がなくてもやる気があれば大丈夫!と松尾さんは言います。
「管工事や土木の施工管理といった国家資格はいずれ必要になってき
ますが、まずは普通自動車免許を持っていたら働けます。他にも大型車
両やクレーンの運転資格は、冬場に仕事が落ち着いた時に取得するこ
とができますよ」
入社してすぐは現場に一緒に行き、管工事に必要な道具を覚えることか
ら始めるそう。
「それ取って!から始まりますね。実際に使っている様子を目で見て、手
で触れることで知識がついてきます。とにかく経験を重ねることが大事ですね」

  • お仕事道具も常に整理整頓
  • こちらもお仕事で使う重機たち!ではなくその模型

「綺麗な仕事をすること」完成した時の喜びがやりがいに

幼い頃からお父様の背中を見て育ち、同じ上下水道設備の仕事を選択。
そして今でも真摯に向き合い続ける松尾さんに、仕事の魅力について
聞いてみました。
「やっぱり手がけたものが完成した時の喜びが大きいです。体力や資格
が必要だったり大変なイメージがあったりすると思いますが、何よりも
仕事が楽しいんですよね。頑張ったものが完成してカタチになると本当
に感動しますよ」
松尾さんと話していると、この仕事が本当に好きなんだ!という気持ち
が伝わってきます。
「どうせ働くなら楽しく働きたいなと思っています。チームワークが必要
な仕事ですし、現場の雰囲気って大事ですよね。意識している訳ではな
いのですが、他の人から『何でそんなに楽しそうに仕事しているの?』っ
て聞かれるくらいです」
楽しくないと仕事は続かないでしょ?と話す松尾さんが仕事の中で心が
けていることは「綺麗な仕事をする」ということ。
「上下水道は土の中なので、常に見える物ではないのですが、綺麗に仕
事をすることはいつも意識しています。工事をしている場所だけではな
く他の場所も綺麗にしたり、仕事に来た時よりも綺麗にして帰ることを
心がけていますね。そういう積み重ねで仕事を依頼してもらえていると
思います」
仕事に対する熱い気持ちと生まれ育った沼田町への愛を持つ松尾さん。
社員や町民をはじめ、多くの人に慕われる、カッコよく頼もしい沼田町
のリーダーの姿がここにありました。

  • とても丁寧にわかりやすく話し てくれた松尾さん
  • こちらもお仕事に欠かせないナット

「沼田町で働きたい!」新しい仕事にチャレンジ!

配管工見習い 本根尚希さん

続きまして、新入社員の本根尚希さんに、沼田町のことや仕事について
お話を聞いてみます。
本根さんは縁あって1年ほど前に石川県から北海道の沼田町にやって
来ました。松尾住設で働くようになってまだ数ヶ月の新入社員です。
「沼田町に来た時は知り合いがいなかったのですが、みなさんあたたか
く迎えてくれて。夜高あんどん祭りや雪フェスなどの町のイベントの手伝
いをすることで、地域の人と繋がることができました」
沼田町には会う度に気にかけてくれたり、話を聞いてくれる親切な人が
多く、この町で働きたい!と思ったそう。
「以前は農業に携わっていましたが、細かく複雑な作業を行う上下水道
設備という仕事に興味を持ち、調べているとここの会社に出会いました
。決して手先が器用って訳ではないんですけど、何より新しいことに挑戦
したかったんです」
今は先輩と一緒に現場に行って仕事を教えてもらったり、倉庫の掃除を
しながらたくさんの道具を覚えている本根さん。
「まずは仕事をとにかく早く覚えたいですね。少しずつ道具の名前は覚
えてきているので、現場でも経験を積んで資格を取りたいと思っていま
す。まだ入ったばかりなのですが、先輩に同行した際にお客様に感謝さ
れるという出来事がありました。人のためになることが何よりも嬉しい
ので、お客様に喜んでもらえるように仕事を頑張っていきたいです!」

  • まずはできることから!
  • 仕事をがんばって欲しい車を購入するのが今の目標

PHOTO GRAFFITI

  • きちんと手入れされた仕事道具
  • 営業品目はこの幅広さ
  • 「新しいことに挑戦したかった」と本根さん
  • 遠くからでもひときわ目立つ看板
  • 基本からコツコツと

この企業の求人情報

企業情報

有限会社 松尾住設

住所
〒078-2201 北海道雨竜郡沼田町旭町31番186
電話
0164-35-1672
事業内容
上下水道設備、一般土木工事、排水衛生設備、浄化槽工事業、冷暖房設備、融雪工事業、リフォーム
代表者
松尾孝次
創業
1995年4月
従業員数
5人