INTRODUCTION企業紹介

COMPANY PROFILE

沼田町認定こども園

沼田町認定こども園

子どもの「夢叶える」を伸ばす
沼田認定こども園

卒園児から先生デビュー!

保育士 高橋 里実さん

玄関を開けると聞こえてくる子どもたちの元気な声。国の制度に先駆けて保育料・給食費ともに全年齢完全無償化を実施するなど、子育て支援に手厚い沼田町の認定こども園には現在約80名の園児が通っています。ここで子どもたちと同じくらい明るい笑顔で働く、入社1年目の保育士 高橋里実さんにお話しをうかがいました。ここでは親しみを込めて里実先生と呼ばせていただきます。沼田生まれ、沼田育ちの里実先生は、なんとこの園の卒園児!
小さい子と遊ぶのが好きだった里実先生は、中学時代授業の一環でこの園へ来た際、園児たちのかわいらしさに将来は子どもと関わる仕事がしたいと保育士の道へ進むことを決心したそう。そして短大で保育士を目指している時、実習先のひとつとして選ばれたのがこの園だったことから、就職先として考えるようになったのだとか。
「実習でいくつかの園に行かせていただく中で、ここが一番自分に合っていると感じました。年齢の近い先生がいたことや、教えてくれる先生方のやさしさに触れ、地元で働くのもいいかなって思いました。あとは給食がすっごくおいしいんです!」
笑顔全開で給食のおいしさについて力説してくれる素直な里実先生に親近感がわきます(笑)。でも、一方で都会に出たいという思いもあったそう。
「旭川か札幌での就職を考えた時期もありました。でも、旭川も札幌も車でいつでも行けるなら沼田でいいかなって思ったんです。実際ほぼ毎週旭川に遊びに行っていますよ(笑)」
旭川までは一般道で60分、裏技で秘密のトンネルを使うと45分、札幌も高速を使えば90分と、週末のお出かけにはちょうどいい距離に位置しているのも好都合なポイントのようです。

  • 入社1年目の新米先生。高橋 里実さん
  • 現在80名ほどの園児が通っています。

人との距離が近いのが沼田の魅力

念願叶ってこの園で働くことになった里実先生に、園の魅力について聞いてみました。
「子どもたちは入園した時から卒園までずっと同じクラスで育つので、すごく仲がいいのが魅力です。沼田はこのまま中学卒業まで同じメンバーで育つので、その基礎になる部分を一緒に育んでいけるのも嬉しいですね。そして、地域との距離が近いのがいいなって思っています。沼田町の夜高あんどん祭りなど、地域の行事にも園児たちと積極的に参加していて、地域の人とふれあうことで子どもたちが町を好きになるきっかけにもなるし、いろんなことに興味を持てる環境があるところもいいと思います」と、沼田町で地域の人に育てられた自身を振り返るように、里実先生から地域愛を感じる言葉がつづられます。
ちなみに保育士というと過酷な労働環境が話題になることがありますが、具体的な働き方についてはどうなのでしょうか。
「残業が全くないとは言えませんが、制作など仕事が多い時はパートさんや園長先生など、みんなで力を合わせて頑張っています。持ち帰りの仕事も少ないので助かっていますね!勤務シフトは週ごとに分かれていて、一番早い7:15登園から9:30登園まで全部で6パターン。休みは日曜固定休のほか、土曜出社すると平日振替休日がもらえるので、しっかり週休2日お休みいただいています!」と、まだまだ新人の里実先生であっても、周りの人と同じように働きやすい環境のようです。
また、同僚の先生方とも仲が良く、子どものお世話だけではなく様々なことを教えてもらったり、相談できたりするそう。働く仲間に恵まれたことも嬉しいと教えてくれました。

  • 子どもに教えられて成長できることも少なくないそう。
  • 仕事ではありますが、とても微笑ましくなる時間がたくさん。

「ことば」を大切に。

この春から3歳児のクラスを担当し、日々子どもたちと向き合っている里実先生。
「運動会では泣いてばかりだった子が、生活発表会では笑顔で舞台に立てるようになったり、まだ上手に話せなかった子が『さとみせんせ』って呼んでくれたり・、もぉすごく嬉しくてうれしくて」と、子どもたちの成長が、よろこびや、やりがいにつながっていることが伝わってきます。保育士として心がけていることを聞いてみると「子どもたちに声をかける時『ダメ』っていう言葉を多用しないように気をつけています。子どもたちの可能性を伸ばしたいので、やる気を引き出すにはどうやって声かけしたらいいだろうって常に考えていますね。いろいろ作戦をたてたりもするけど、同じ作戦だと子どもたちに飽きられちゃうこともあって・(笑) あとは見守ることを意識しています。どれも簡単じゃなく、奥が深いのでもっと頑張りたいです!」と、まだまだ保育士としての伸びしろも感じさせてくれる里実先生。
「保育士1年目、社会人としても1年目なので、もっといろんなことを学んで、早く一人前の保育士になりたいなって思っています。そして、地域の人たちとの触れ合いを大切にしながら、子どもたちが全力で楽しめるような保育ができるようになりたいです!」
そう、未来に向かって目をキラキラさせながら笑顔で話してくれました。

  • 楽しく遊びながらも、子どもたちが成長する支援をします。
  • 子どもたちに顔を覚えてもらえたら本当に嬉しい!

食を大切にする

園長 土肥 芳子さん

地域の人との触れ合いを大切にした取り組みと、スタッフの働きやすさなど、魅力いっぱいのこども園についてもっとお話しを聞きたいと次にうかがったのは、旧保育園時代に栄養士として入社し、現在はこども園の園長をつとめる土肥芳子さんです。
栄養士としての勤務経験から食育にも力を入れているこちらの園では、園内の畑で野菜を育てているほか、可能な限り地元の食材を使い、化学調味料不使用のおいしくて安心して食べられるメニューを提供。子どもたちが自宅でも同じメニューを食べたいと言うため、レシピを教えて欲しいと父母からリクエストがくることも多いのだとか。
「園で働く農家のパート保育士さんの協力もあり、菜園で採れた野菜はどれもおいしく、子どもたちにも大人気です。お子さんが小さいうちは家庭だけで頑張るより、保育園と家庭が連携しながら食育をすすめることで、好きな食べ物が増えるように工夫しているんですよ」
土肥園長の言葉から、働くお母さんがひとりで頑張るのではなく、周りに頼ってもいいんだよという温かさを感じずにはいられません。

  • 園長先生 土肥芳子さん

『想い』のある人を育てたい

そして土肥園長はこう続けます。
「保育園って子どもたちが楽しいのはもちろんですが、保育士も楽しめることが大切だと思っています。お母さんたちがお子さんを連れて登園した時に疲れた顔でお預かりするのではなく、子どもたちと一緒に笑顔で見送る『お母さんいってらっしゃい』その一言から、お母さんたちの力になりたいと心から想っていることが伝わり、お母さんたちが安心して仕事ができる。これがお互いにとって一番幸せな形だと思っています。そのためにも私は、みんなが笑顔で楽しめる環境をつくること、古いって思われるかなぁというようなことでも、保育をするうえで大切にしたい想いをきちんと伝えていくようにしています。もちろん若い先生から受け取るものもたくさんあるので、教える側も常に変化していかなくてはと思っていますよ(笑)保育士は子育て経験うんぬんがあったほうがいいという声はもちろんありますが、技術うんぬんより『想い』のある人を育てていくことが、この園で一番大切にしていることで、これからも大切にしていきたいですね」
若い先生も、ベテランの先生もそれぞれの良さがある。そこをうまく融合していけたらもっとバランスが良くなる。それには先生方が子どもたちを見守るように、先生方のことも見守りたいと話す土肥園長。
「子どもの気持ちを受け入れる先生を育てるにはまず自分からね!」とチャーミングな笑顔で話す土肥園長の瞳からは、この地域で暮らす親子をまるごと愛情いっぱいに包み込むようなやさしさが溢れていました。
「保育士はいつでも募集しています。こちらへ移住された方や、ブランクがある方でも大丈夫。慣れるまでに時間はかかるかもしれませんがいつでもWelcomeですよ」
沼田町は「子育てに力を入れている町」として、移住施策にも取り組んでおり、それを一番に表現するのがこちらのこども園。この町で子育てをしたいからと、移住してこられるご家族も少なくありません。
働き先を探すという視点で考えると「自分の子どもを預けたいと思える園か」というのが大きなポイント。待機児童がたくさんいる都市部で保育士として働くことと、のどかな田園風景が広がる地域での保育という仕事には違いがきっとあるはず。興味のある方は、まずは園長先生にお話しを聞きにこられてはいかがでしょうか。

  • 「食」は本当に大事な要素。園内で調理されています。
  • 先生からも保護者のみなさんからも大人気の給食です。

PHOTO GRAFFITI

  • 男性保育士の方ももちろん活躍できる職場です。
  • 自然と笑顔になれる職場がイイ職場の証です。
  • まずは先生がイキイキして働かなくっちゃ!と頑張っています。
  • 嫌いな食材も食べられるようになった時は、先生もとっても嬉しい瞬間。
  • 子どもたちの笑顔があるから頑張れます。
  • 「子育てが手厚い町、沼田町」の一員として働いてみませんか?

この企業の求人情報

現在募集中の求人はありません

企業情報

沼田町認定こども園

住所
〒078-2202
北海道雨竜郡沼田町南1条6丁目6番30号
電話
0164-36-2077
事業内容
認定こども園(0歳児~5歳児)
URL
http://www.numata-ko.jp/
代表者
園長 土肥芳子
創業
2016年4月1日開園

沼田町認定こども園